ZEHとはどんな住宅?基準や補助金の条件・メリットデメリット

ZEHとはどんな住宅?基準や補助金の条件・メリットデメリット

ZEHとは家庭で使うエネルギーを家庭で創り出す住宅を指します。省エネと、太陽光などを利用して創り出す創エネを併せて実現する家です。

ZEHの基準を満たした住宅は価格が嵩むというデメリットがありますが、暮らし始めてからのランニングコストを節約できる、条件を満たせば補助金を受けられるという大きなメリットがあります。

ZEHに求められる省エネ性能

日本の家に新しいスタンダードを 「J・レジデンス」

ZEHが普及し始めた理由は、「家庭からのエネルギー消費を抑える為の家づくりを進めよう」という政府の取り組みが進められているからです。家族にとっては、膨大な電気やガスを使わなくても、常に快適な室温を維持できる家に住めるという魅力があります。

日本には四季があります。地方によって気候の差はありますが、どの地域であっても、エネルギーを節約する為に冷暖房をせずに1年を過ごすことはできません。その為、家庭でのエネルギー消費量のうち、約30パーセントは冷暖房に使われています。

数十年前から、企業でのエネルギー削減の取り組みは進められてきていますが、数年前からは家庭でのエネルギー節約にも目が向けられるようになってきています。住宅の内部の温度は、外気温の影響を受けて変化します。夏は太陽熱が室温を上昇させ、冬は冷気が室温を下げる+暖房の熱を逃がして、冷暖房の効率を低下させるからです。冷暖房の効率を低下させない為には、断熱性、気密性、日射遮蔽という3つの住宅性能が必要です。

断熱性

ZEH=断熱性が高い=グレードの高い建材を使うので建材の価格が嵩む=暮らし始めてからのランニングコストが低下し光熱費を節約できる

冬は暖房をしても、その熱が逃げて行ってしまうと暖房の効率が低下し、夏は太陽の熱が侵入してくると冷房の効率が悪くなり、エネルギーの消費量が増加してしまいます。その為、暖房の熱を逃がさないことと、太陽の熱を侵入させないことが省エネに繋がります。

具体的には、外皮と呼ばれる屋根、壁、床、窓や玄関ドアなど、「住宅の外気に接するすべての部分からの熱の出入りを減らす」ということです。屋根、壁、床に断熱材を入れる、断熱窓や断熱性の高い玄関ドア、勝手口ドアを使うなどの方法で家から暖房の熱が逃げていくことを防ぎます。

住宅の断熱性能は、UA値(外皮平均熱貫流率)で表します。そして、この数値は住宅の屋根や壁に使われる断熱材のグレードや基礎の造り方、窓やドアの断熱仕様によって変わります。UA値(外皮平均熱貫流率)は、外皮全体の熱の損失量を外皮全体の面積で割って算出する数値です。従って断熱建材が高性能になるほど、住宅から失われる熱の量が減少していくので数値が低くなり、断熱性の高い家ということになります。

■ 断熱性能によって家の中の快適さも、光熱費にかかる費用も大きく変わります。断熱性能はどうやって決めればよいのでしょうか?

コラム 断熱性能はどうやって決めればよいの?快適さ?予算?省エネ?

気密性

屋根や壁からの熱の出入りが抑えられていても、住宅に隙間が多ければ、その隙間から熱が出入りすると共に、夏は冷房の涼しさが逃げ、冬は冷気が侵入してきます。その為、家の中から暖かさ、涼しさを逃がさない、家の中に暑さや寒さを侵入させない為には、隙間のない住宅にする必要があります。

日本の家は昔から、夏を旨とすべしという考え方で造り続けられてきました。風通しが良いので夏は涼しく過ごせ、常にきれいな空気が循環している家です。その一方、冬は冷え込み、日本の家は寒いと言われ続けてきました。その理由は、断熱という考え方がなかったことに加えて、木材の家を腐朽させない為、通気性を良くするという配慮がされていたからです。

現代では隙間がなくても、換気がしっかり計画されている住宅では、機械換気によって常にきれいな空気を維持させることができます。高い施工力によって、隙間のない家にすることが省エネ性を高めることに繋がります。

■ 木造住宅は地震や火災に弱く寿命が短いのでは?という懸念や、そもそも住宅ローンが終わる頃に建て替えをするケースが多いらしいという誤解を持つ人は少なくありません。しかし、全ての木造住宅の寿命は短い訳ではありません。厳密に言えば、建て方によって寿命が変わります。また、国交省が定めている法定耐用年数と寿命を勘違いしているケースもあります。

コラム 木造住宅の寿命を伸ばす為に新築時に考えておくべきこと・知っておくべきこと

日射遮蔽

太陽の熱は外皮から侵入してくるので、「外皮への日射を遮ることで室温の上昇を防ぐ」という考え方が日射遮蔽です。暮らし始めてからでもオーニングや簾など、窓の外からの日射遮蔽はできますが、軒や袖壁は建築時に計画する必要があります。

家の向いている方角と、季節によって変わる太陽の高度、敷地周辺の環境に合わせて、軒の深さや袖壁の必要性の有無を割り出すことが求められます。都市部では敷地面積が狭い為、軒のない家も増えていますが、軒は確実に日射遮蔽に役立ちます。

また、窓ガラスには日射遮蔽タイプがあるので、窓の向いている方角に合わせて採用すると、より日射遮蔽率が向上します。

住宅の日射遮蔽性能は、ηAC値で表します。ηAC値とは冷房期の平均日射熱取得率のことで、室内に侵入する日射量の割合の平均を示す数値です。室内に侵入する日射量が少ないほど数値が下がるので、冷房の効率が良くなり、省エネ性が向上します。

■ 家づくりに際しては目に見えない部分を表すUA値・Q値・C値・ηAC値の基準や計算方法を知っておくことが大切です。

コラム UA値とは?家づくりに備えて知っておきたい断熱・気密・省エネ用語の解説

ZEHに求められる創エネ

片流れ屋根の家

ZEH=エネルギーを創れる=太陽光発電やエネファームなどの購入価格が嵩む=暮らし始めてからのランニングコストが低下し光熱費を節約できる

省エネ住宅の基準は断熱・気密・日射遮蔽だけで満たせますが、ZEHには創エネの能力も求められます。創エネとは太陽光や風力、水力などの自然のエネルギーを利用して創り出すエネルギーですが、戸建て住宅においては太陽光発電が一般的です。

また、太陽光発電と同時に、エネファームや蓄電池を導入することで、より効率よくエネルギーを使ったり蓄えたりできます。

太陽光発電

太陽光発電は、屋根に太陽光パネルを搭載してエネルギーを創り出す方法です。太陽光パネルは、屋根の向いている方角、傾斜角度によって得られる太陽熱の量が変わります。また、屋根の面積によって搭載できるパネルの量が変わる為、得られるエネルギー量が変わります。

近年、片流れ屋根の人気が高い理由の一つは、方形屋根や切り妻屋根と比較すると、屋根の角度を調整しすく、一面の屋根なので多くの太陽光パネルを搭載できることです。ただ、周辺の環境や、地域の気候によっては十分な太陽光を得られないこともあるので、得られる太陽光の量を試算してから導入を決定することが大切です。

エネファーム

エネファームは、空気中の酸素とガスから取り出した水素を化学反応させ、電気とお湯を創り出すシステムです。電気は照明や冷蔵庫など暮らしの必需品である家電に供給され、お湯はお風呂やキッチンの給湯システムに供給されます。

蓄エネ機器

太陽光から得たエネルギーを蓄える機器です。太陽光パネルで得たエネルギーを無駄にせず、停電時にも使える便利さがあります。

参考サイト エネファーム パートナーズ エネファームって?

ZEHの補助金に必要な基準

ガラス張りのプライベートエリアに溢れる開放感!プライバシーを守られながら自然の光と家族の絆を感じる家

環境省による戸建住宅ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化等支援事業の補助金を受ける為には、必要な基準を満たす必要があります。ZEHにはZEHと、より高性能なZEH+があり、それぞれ求められる性能の基準が異なります。

省エネ基準とは、外皮性能と住宅全体で使用するエネルギー量から評価する住宅の省エネルギー性能のことです。日本全体を気候によって分割した8つの地域ごとに基準値が定められています。

日本全国を気候条件に応じて8つの地域に分け、その地域区分ごとに基準値が示されています。

必要な基準

外皮性能

  • ZEH+  強化外皮基準※選択要件で「外皮性能のさらなる強化」を選択した場合を除く
  • ZEH   強化外皮基準

太陽光発電などを除く一次エネルギー消費量

  • ZEH+ 省エネ基準から ▲25%以上
  • ZEH  省エネ基準から ▲20%以上

太陽光発電などを含む一次エネルギー消費量

  • ZEH+・ZEH 省エネ基準から ▲100%以上

補助額

ZEH+ 定額100万円/戸

+蓄電システム2万円/kWh(上限20万円かつ、補助対象経費の1/3以内・蓄電システム、低炭素化に資する素材、先進的な再エネ熱利用技術を導入する際は、環境省「戸建住宅ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化等支援事業 」「集合住宅の省CO2化促進事業」のメニューの一部にて支援

ZEH  定額55万円/戸

+蓄電システム2万円/kWh(上限20万円かつ、補助対象経費の1/3以内)

引用;住宅の省エネ・省CO2化に向けた経済産業省 国土交通省 環境省による3省連携の取り組み

参考資料 戸建住宅ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化等支援事業(経済産業省・国土交通省連携事業)

“納得のマイホーム”を正しく購入したいなら「おうちの買い方相談室」へ

初めてのマイホームづくり。不安なこともたくさんありますよね。

おうちの買い方相談室を利用すると、次のような良いことがあります。

 

 

  • プロのからの資金に関するアドバイスが受けられる
  • 自分に合いそうな住宅会社がわかる
  • 住宅会社の「信頼できる優秀な担当者」を紹介してもらえる
  • 住宅会社へのお断りをしてもらえる
  • その他、家づくりに関する疑問を解決!

 

浜松市・岡崎市付近にお越しの方は、ぜひお気軽にご相談くださいね。

 

おうちの買い方相談室 浜松店

浜松店

おうちの買い方相談室 浜松店

TEL:053-456-7272

住所:静岡県浜松市中区広沢3丁目28-6

【浜松店へのご予約はこちらから】

 

おうちの買い方相談室 岡崎店

岡崎店

おうちの買い方相談室 岡崎店

TEL:0564-53-6002

住所:愛知県岡崎市戸崎元町2-5  LaLa A-2階

【岡崎店への予約はこちらから】

 

家づくりへの疑問や不安を一緒に解消しましょう!

皆様のご来場心よりお待ちしております。